未分類

エメリルヘアオイルは安全?副作用の危険度や全成分効果を解析!

この記事ではエメリルヘアオイルの副作用についてまとめています。

エメリルオイルの全成分について、効果や副作用の危険度を一覧で紹介!

エメリルヘアオイルの安全性が気になっている人は、この記事の内容をしっかり読んでいって下さいね。

成分名 効果 副作用の危険度
水添ポリイソブテン スクワランと類似した感触ベタつきの少ない軽い質感のため、他のオイルと併用して感触改良に使用します。
ジメチコン ツヤ出しや使用感を向上させます。揮発性が高く、主にコンディショニング効果目的で配合されます。
ドデカン 一般的な植物油よりも揮発性が高く、肌の上に残りにくい性質です。髪のサラサラ感がアップします。
ミリスチン酸イソプロピル 油性成分でありながらさっぱりとした感触です。また肌への浸透性が非常に高い成分でもあります。
シクロペンタシロキサン 髪にツヤを与え、軽い仕上がりでべたつきにくいことから、ヘアコンディショナーなどに使用されています。
ジメチコノール シリコーンの中でも保湿性が高いので、肌の乾燥を防ぎます。また髪をしっとりまとまりやすくします。
γ-ドコサラクトン 熱を加えるとささくれたり剥がれたりしてしまったキューティクル部分に入り込み、髪と結合します。
カリンエキス 弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用などがあります。
ツバキ種子油 紫外線をカットするので、肌や頭皮、髪に塗ることで穏やかな日焼け止めになる成分です。
ワサビノキ種子油(モリンガ) 浸透しやすいオイルでべたつかず、しかも薄い油膜となって乾燥を防いでくれる成分です。
アルガニアスピノサ核油 高い抗酸化作用があり、肌に刺激なく潤いを与えられる安全性の高い天然オイルです。
アーモンド油 キューティクルを作るのに大切なオメガ9脂肪酸という成分が含まれているため、潤いのある髪にします。
マカデミア種子油 血液やリンパ液の循環を促す作用に優れています。全身に使え、安全性やエモリエント効果が高い成分です。
トコフェロール 細胞の酸化を防ぐことから「若返りのビタミン」とも呼ばれ、アンチエイジングも役立つ成分です。
(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー ダメージヘアによく吸着し浸透するので補修効果があります。少量でツヤを与え、しっとりした感触にします。
ベルガモット果実油 香りづけと、血行促進や抗菌作用によって頭皮環境の改善する働きがあります。
セイヨウハッカ油 血行促進と抗菌作用があるので、頭皮ケアに使用すると、頭皮環境を整える効果が期待できます。
イランイラン花油 皮脂の分泌のバランスを整える働きがあるので、乾燥肌に使用するとエモリエント作用があります。
レモン果皮油 毛細血管の修復や血液の循環に働きかけるので、頭皮環境の改善や髪の成長を促す効果があります。
セバシン酸ジエチル 油溶性があり油性の有効成分を浸透しやすくするエモリエント作用や、保湿効果に優れています。
通常、精製水が使用されています。細胞自体を活性化させる効果などがあります。
エタノール 防腐効果、収れん効果、溶解作用があります。育毛剤では抜け毛防止目的で配合されます。

副作用の危険度:当サイトの基準で記載

エメリルヘアオイルに含まれている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

表を見れば分かる通り、エメリルヘアオイルには危険性の高い成分は使われていません!

エメリルヘアオイルは、医薬品レベルでの水準のもと、国内工場で製造されています。

さらに、医療機関による安全性テストもクリアしており、安心して使用することが出来るヘアオイルだと言えるのです。

頭皮や髪への副作用が気になるという女性でも、エメリルヘアオイルなら問題なく使うことが出来るはずですよ!

エメリルヘアオイルを使用した私の口コミ体験談も参考にしてみて下さいね♫

>>エメリルヘアオイルの私の口コミはこちら!